デリケートゾーンが魚臭い

デリケートゾーン,臭い,魚

デリケートゾーンが臭い、それも生臭い魚のような悪臭がしたことはありませんか?

 

 

私は臭いに敏感なため、普段からおりものシートをこまめに取り替えたり、特に生理中は経血が酸化した悪臭が気になるためナプキンを頻繁に交換したりとデリケートゾーンの臭い対策には気を使っています。そんな私が今まで経験した一番強烈なデリケートゾーンの悪臭は膣カンジダに感染した時でした。

 

 

膣カンジダはストレスや風邪をひいて体調を崩した時など免疫力が低下した時に、カンジダ菌とよばれる真菌が異常繁殖することによって起こります。ちょっと痒いなと感じた後、だんだんと痒みが強くなっていき、次第に落ち着いて椅子に座ることすらままならず、あまりの痒みに気が狂いそうになるほどでした。
その後、カッテージチーズのようなポロポロとしたおりものが出てくるようになり、このおりものから腐った魚のような強烈な悪臭がしました。その後、婦人科で膣洗浄と膣剤を入れてもらい、抗真菌剤と併用して無事症状が治まりました。

 

 

女性のデリケートゾーンは細菌の侵入や繁殖を防ぐ自浄作用があり、通常は酸性に保たれていることから、すっぱい臭いがすると言われます。腐った魚のような悪臭がする場合は、膣カンジダや細菌性膣炎をはじめ、最悪の場合、重大な病気が潜んでいたり、体からの何らかのサインである可能性があります。

 

 

膣の痒みや悪臭を我慢をして症状を悪化させてしまったカンジダ感染の経験から、「デリケートゾーンがいつもより臭いな」と異常を感じた場合は、放置せずに速やかに婦人科で診てもらうことをおすすめします。

 

 

臭い対策のおすすめ!フロプリーをお試しください。


関連ページ

デリケートゾーンの臭いの予防
デリケートゾーンの臭いを予防するにはどうしたらよいのでしょうか。原因が分かれば予防もできます。
出産後のデリケートゾーンの臭い
デリケートゾーンが出産後に臭いがきつくなってしまったという話をよく耳にします。まめにおりものシートを交換したり清潔に保つように努めていても臭ってきてしまいます。夫婦仲が悪くなったという話もあるほど。わたしが実践して効果のあった対策と予防策を紹介します。
デリケートゾーンの臭いはストレスで増大
デリケートゾーンの臭いを気にする女性は90%以上もおり、悩まれています。その悩むことがさらにデリケートゾーンの臭いを悪化させている原因なのかもしれません。
デリケートゾーンの臭いチェック
デリケートゾーンの臭いを自身でチェックできたらと考えたことありませんか。自身で気が付いた時には周囲の人たちはすでに気づいていることも少なくありません。それよりも早く自身で気が付くことが出来れば対策も可能です。