おりものの役割と臭いについて

おりものというとイメージがあまりよいものではありません。ですが、おりものは女性にとっては大事な大事な役割を果たしていたことを知っているでしょうか。

 

おりものは女性の膣、子宮内部から剥がれ落ちた古い細胞。ほとんど臭いもなく、透明もしくは白っぽいものです。特にサラッとしているわけではなく、ドロッとしているわけでもありません。粘り気が少しある感じです。おりものは生理前や排卵が近くなると量が増え個人差はありますが臭いがある場合もあります。

 

おりものの役割

上でも女性の体を守る大事な役割ということをお話しましたが、どんな効果があるのでしょうか。

細菌の繁殖を防ぐ

膣は常におりものの効果で弱酸性に保たれています。膣環境がアルカリ性になるとあまりよくありません。石鹸でゴシゴシと洗ってしまう方もいますが、良い菌(デーテルライン桿菌)まで殺菌してしまい余計に細菌が繁殖しやすくなり膣炎を起こすやすい状態になります。膣炎にはカンジダやトリコモナスなどありますが、細菌性膣炎は大腸菌などわたちたちの体に存在している常在菌が原因になります。

 

赤ちゃんを作るサポート

あまり知られていないことかもしれませんが、おりものには赤ちゃんを作る大事な役割があります。それは受精を助ける役割です。精子が卵子まで移動しやすいように助けてくれます。

 

気になる膣炎の症状

下着についたおりものが生臭かったり、陰部に強いかゆみや痛みを感じたら細菌性膣炎の可能性もあるので婦人科の受診をおすすめします。

 

年齢によっての変化

おりものは年齢により変化するものです。その理由は卵胞ホルモンと関係があります。卵胞ホルモンというのは、エストロゲンともいわれ女性らしい胸やお尻など体を作ったり、妊娠がしやすいように準備をしたり、気持ちを安定させたり、肌のハリツヤをよくしたりと女性にはうれしいホルモンです。
更年期になるころには卵胞ホルモンが少なくなるので自然とおりものも少なくなり、個人差があることですが、更年期障害と呼ばれる様々な症状が表れる場合があります。
卵胞ホルモンの分泌が多くなる20歳あたりはおりものが増える傾向があります。

 

まとめ

おりものでよく聞くのが量が多いと悩まれていることです。相談しにくいことなので一人悩みがちですが、おりものの量は個人差があることです。ほかにもホルモンバランスが分泌に深くかかわりがあり日常的におりもの量が変わっていることを理解しておきましょう。

 

極端におりものが増えたり、臭い、かゆみが伴うときには、婦人科やクリニックで検診を受けましょう。

 

 

 

 

関連ページ

細菌が原因
デリケートゾーンのニオイの原因は、驚くことなかれ細菌です。細菌が栄養をとり繁殖する際に排出するのがニオイの原因となります。その原因と対策について