デリケートゾーンのニオイの原因はまさに細菌だった!

デリケートゾーン,ニオイ,細菌

デリケートゾーンの気になるニオイの原因は、雑菌でした。

雑菌といってもわたしたちの身体には常在菌と言われる菌から多くの菌が住んでいて共存しています。
ですが、普段はいい菌として知られている菌も異常繁殖してしまったり死滅してしまうと、わたしたちの身体には悪影響があるんです。

 

体臭というのは、食べたものでにんにく、にら、ネギ、などの香りが強い食べ物を食べたとき、飲み過ぎたとき、汗をかいたとき、生理中、体調不良により強くなる傾向があります。誰にでも起きうることで体調を整えたりストレスを軽減して休息することである程度は解決できます。

 

雑菌というのは、人の意図に反して増殖した微生物を指します。
日常的には無害な菌であることはかわりません。ひとたび繁殖してしまうとわたしたちの身体に悪影響が現れます。

 

ニオイの発生元

雑菌が繁殖の際に排出する物質が発生源といってもいいでしょう。
なぜ、ニオイの発生源になるのか。それは雑菌、細菌が繁殖するには栄養が必要となります、その栄養を摂取し繁殖する際に排出される物質があの気になるニオイの元になっています。雑菌ですので、様々な種類の菌がいて発生するニオイも多様します。

 

雑菌の栄養源

雑菌の栄養源となるのは女性の下着についた尿、汗、経血です。気を付けて減らせそうなものといえば、尿程度ではないでしょうか。
汗、経血となると簡単なことではありません。とくに雑菌が好むのはタンパク質。おりものにはタンパク質が豊富で栄養源となりやすくニオイ発生の元ともなります。

 

陰部、デリケートゾーン周りは汗腺が豊富

陰部とも言われるデリケートゾーンはアポクリン腺といわれる汗腺が多く、雑菌にとっては栄養が豊富な漁場ともいえます。
雑菌が繁殖しやすい条件としてもうひとつあげられるのが、高温、多湿。
陰部、デリケートゾーンは高温で湿度も高めと雑菌が繁殖しやすい条件を満たしており、繁殖条件を崩すには難しい環境にあります。

 

どのようにして、雑菌への栄養源を断つことが対策の大切なキーになります。

 

関連ページ

おりものが原因
デリケートゾーンの原因は色々ありますが、「おりもの」が原因の場合もあります。おりものは、排卵前後や生理の前に増えることがあります。おりものは子宮内部や膣の古い細胞が剥がれ落ちたものであまり臭いがしないものです。健康的に女性を導くなくてはならない役割を担っています。